社員メッセージ

山田さん 「強い会社づくり」を目指して、無理難題に挑戦する。
プロフィール

  名前: 山田 英明さん
  所属: 東京集約工事二部 東京集約工事第三G
  職種: 管理業務
社員歴: 8年

現在の仕事

無理難題に挑んでいくことが、私の仕事。

現在、私は商業施設やオフィスなどのパブリックトイレを改修するグループに所属しています。グループ内には床・壁・天井から便器まで空間全体の改修を行う「空間工事」、器具や便器の交換など小規模な改修を行う「小工事」、工事の見積を作成する「積算」といった3つのチームがあり、私は小工事と積算チームの取りまとめを行っています。小工事の取りまとめでは、営業から上がってきた工事の管理を部下に振り分け、すべての現場の進捗を管理しています。
積算の取りまとめも管理業務でして、営業から依頼を受けて部下が作成した見積が、適正であるかどうかを最終的に確認しています。
この積算チームですが、発足したのは3年前で、それまでは設計Gが見積を作成していました。しかし、当時は見積に対する原価にあいまいな部分があった為、人によって見積金額に差が生じ、実勢価格よりも高くなり受注を逃してしまう問題が発生しておりました。そこで統一化された適正価格の見積をTOTOエンジニアリングとして提出できるように、ということで、積算チームを発足させたんです。積算価格の適正化を行うには、社内だけでなく、実際に工事を行ってもらう施工店さんとも調整が必要となる問題であったため、今まで取り組みされていなかった難題でしたが、現在の積算チームでは空間工事全現場のコスト管理まで行えるようになりました。
私の仕事は、このようにこれまで人ができなかった無理難題挑んで、「問題解決」することですね。

思い出の仕事・仕事の流儀

ノウハウの蓄積が、会社の力になる。

現在、当社では某テーマパークを運営している企業のビルの空間工事を請け負っています。この現場は受注額も高く過去最大の大規模現場なのですが、規模が大きいと工事の細かい内容まで把握するのが困難ですし、工事をスケジュール通りに進めるためには様々な知識や経験が必要となる難易度が高い現場なのですが、営業、設計、工事の仕事を全体的に把握できる人がいないということで、私が当社の業務を取りまとめ、漏れがないようにお客様と内容を詰めていくという現場折衝業務も行っています。今一番「問題解決」に力を入れている仕事は、この現場ですね。
現場では、どんなに準備をしていても、予測できない事態が生じます。物が置いてあって工具を運ぶ動線が確保できないとか、お客様から追加で「ここもこうしてほしい」とか、図面通りに納まらないとか、例を挙げればきりがありません。しかし、どんなに難しい問題が生じても、お客様と迅速にやり取りしながら、早急に解決すれば工事をスムーズに進行させる事が出来ます。
経験や知識がないとこうした現場での折衝業務は難しいのですが、大規模な案件をどんどんこなしていくことは当社にとっても大きなチャンスだと思います。部下を育てて、私の代わりを任せられるようにしていくことも私の務めです。私一人が対応できても、会社の力になりません。TOTOエンジニアリングという組織としての基盤を盤石なものとしていくためにも、ノウハウを蓄積していくことが重要だと考えています。

やりがい・今後の目標

「やりがい」は人から与えられるものではなく、自分で見出していくもの。

某テーマパークの現場もそうですが、大きな現場はやることもたくさんありますし、解決しなければならない問題も山のように出てきますので、やりがいはありますね。問題もすぐに解決しなければ現場が止まってしまうわけですから、迅速性が求められますし。つねに切迫した中で仕事をしているので、大変ではありますが、充実感は言葉にできないものがあります。
また、TOTOエンジニアリングには同じ意志や目的を共有できる仲間たちがいるということもやりがいにつながっています。事業を拡大していく上で、改善すべき問題はまだまだありますが、一人で解決するのが難しくても、みんなで立ち向かっていけば解決できることもあります。これは会社自体にとってもプラスですし、私にとってもかなり励みになっています。
この会社は、ほんとうにやりがいのある会社だと思います。やるべきことを自分で決めることもできますし、やればやるほど前に進んでいけて、それを認めてくれる上位者もいます。中途で入社された方でも、やる気さえあれば自分のスキルをどんどん伸ばしていけて、どんどん上を目指していけると思います。やりがいって、人から与えられるものじゃないですよね。自分で問題を見つけて、解決できたときに、やりがいって見出せるものだと思います。そうしたやりがいを見出せる環境が、この会社にはあると思います。
私としても恵まれた環境を活かして、上を目指していきたいですね。それが今後の目標です。事業を拡大していくためには、今以上に周りを巻き込んで協力していく必要があります。そのためにも上に行かなければと思っています。今の立場にいるよりも、上にいた方が「巻き込み力」という点で、できることが多いですからね。
また周りをどんどん巻き込んでいければ、みんなのスキルアップにもつながると思いますし、部下も育成できます。結果的に、会社全体の底上げにつながり、組織の基盤づくりを果たせると考えています。最終的には事業の拡大を目指して、今後も周りを巻き込みながら、無理難題にどんどん挑んでいきます。

就職希望者へメッセージ

「強い会社づくり」を、共に実現しましょう。

TOTOエンジニアリングは、やりたいことがあれば伸び伸びとやらせてもらえる会社です。やればやるほど認めてもらえますし、やればやるほど面白い仕事を任せてもらえます。ですから、やりたいことがあるのに今の環境ではなかなかできないという悩みをお持ちの方や、色々なことに挑戦したいという方にとてもマッチする会社だと思います。
職場環境もいいですし、もちろん就業規則もしっかりと整っています。ですから、仕事とプライベートを両立することも可能です。
ぜひ、私たちと一緒になってTOTOエンジニアリングを成長させていきたいと思っていただける方に入社していただきたいですね。「やる気」と「根気」という強い信念をもって、「強い会社づくり」を共に実現していきましょう。

社員の一日

9:00 現場折衝業務 朝から某テーマパークを運営している企業さんと、週一回定例の打ち合わせです。 11:30 移動 ちょっとした問題があって、打ち合わせが長引いてしまいました。これから会社に帰ります。 12:00 ランチ 今日は移動途中で軽くランチを済ませます。午後からも、忙しくなりそうです。 12:45 積算管理業務 帰社後は溜まっている業務をこなしていきます。まずは積算管理業務です。部下が作成した見積りが適正かどうかチェックします。 15:30 小工事管理業務 小工事の案件が営業から入ってきました。今回は和便器から洋便器に替える「和洋リモデル」。現場は部下に任せますが、打ち合わせには参加します。 17:00 空間工事のコスト管理 適正価格になるように、コスト管理を行います。今日は残業確実です。 19:00 退社 とりあえず今日の業務は何とかこなしました。また、明日も忙しい一日になりそうです。お疲れ様でした!